初めての借金で注意すること

これから借金をする、するかもしれないという人は以下のことに注意しておきましょう。

 

大手のカードローン会社から借りる

はじめて借金をする人は大手の会社からキャッシングすることをおすすめします。名の知れていない会社を選んだ場合、悪徳業者だったと後から気付くこともありえます。テレビCMなどで聞いたことのある会社や銀行系列のカードローン会社から借り入れするのがベターです。

 

貸出金利

金利は利息制限法で20%が上限に定められています。大手のカードローン会社では借入額によって異なりますが、おおよそ19%前後です。10万円を30日間借りた場合はおおよそ1560円の利息です。

 

返済計画を立てておくこと

一括返済とリボ払いがあります。一括返済はその名の通り一括(一回)で全額返済してしまうことです。リボ払い返済は月々決まった金額を返済していく返済方法です。

 

一括返済とリボ払いを比較すると、リボ払いの方が返済期間に余裕を持てる分返しやすいです。その反面、利息が高くなるというデメリットがあります。

 

申込みから借入の流れ

申込み→審査→契約という流れになっています。

 

具体的にはweb上や店頭で申込みをすると貸し出せるか審査が入ります。審査の結果、貸出可能と判断されれば契約になります。契約では借入の枠を知らせてくれます(借入限度額)。その枠内で借入の申込みをすることになります。

 

後に再度借金する場合は既に借りている金額と新しく借りようとする金額の合計が借入枠内であることが必要です。

 

申込みに必要な書類

身分証明書(運転免許証など)が必要です。印鑑は必要ありません。50万円以上の借り入れの場合はには別途収入証明書(給与明細書)などが必要です。

 

審査

審査はカードローン会社によりますが、速いところだと申込みから最短30分程度で結果が出ます。

 

審査に通過しやすい人(属性)は正社員が有利です。ただし安定した収入がある(アルバイト、パート、フリーター可)人であれば貸出条件は満たしています。