フリーターでもキャッシングはできる?

現在フリーターをしている方でキャッシングを検討している方はこの疑問を持っている方は多いかと思います。

 

まず結論から言いますが、フリーターの方でもお金を借りられます。但し、収入額などによっては借りられない会社もあるかもしれません。ですのでまず審査をしてみないとわからないというのが正確な答えです。

 

全ての業者がキャッシングサービスを提供する際にまず審査をします。その基準は各会社さんごとに違いますが、共通していることは一定の安定収入があるかどうか、ということです。

 

これはちょっと考えてみれば当然ですね。無職でもキャッッシングの審査に通るのか?といった疑問の場合は返す収入(あて)がないのでまず借りることはできないでしょう。(ヤミ金なんかでは借りることができるかもしれませんが、絶対やめましょう!利息を返せなくて大変なことになります…)

 

 

また、キャッシングできる金額は収入の3分の1までという総量規制というものがあります(法人の場合は変わってきます。また銀行系を中心に総量規制対象外のカードローンも存在します)。

 

給与明細などで確認を取られることもありますのでここは嘘をつけません。(というかついてはいけません)

 

フリーターの方でもまずはキャッシング会社の審査を受けてみてその会社は可能かどうかを確認してみてください。

 

フリーターの貸出状況は良くなっている

2011年現在の非正規労働者の割合は約35%。正社員だけでは貸出先が限られている為、非正規労働者もメインターゲットになっています。非正規だから…と不安に思わず、必要ならば胸を張って申し込みましょう。

 

非正規社員でもキャッシングできる主要カードローン会社

アコム、プロミス、ノーローン、アイフル、新生銀行カードローン レイク、モビットなどが挙げられます。非正規だからNGというカードローン会社はほとんどありません。

 

審査の有利な人はどんな人?

基本的に以下のような人です。

 

  1. 収入が多い人
  2. 勤続年数が長い人
  3. 健全なクレジットヒストリーがある人

 

上の2つは想像しやすいと思います。自分がお金を貸す場合でもこのような人には貸しやすいと思うでしょう。3つ目のクレジットヒストリーは補足します。

 

クレジットヒストリーとはこれまで割賦契約(クレジットカードなどでの買い物)を利用していて、しっかりと返済している履歴です。言い換えると返済の実績がある人ということになります。

 

またこれらには携帯電話(スマホ)の分割払いも含まれます。クレジットカードを持っていない人でもこの契約は大体したことがあると思います。この分割契約を延滞なくしっかり支払った経験がある人は審査に有利になります。

 

カードローン会社の分類

カードローンは消費者金融と銀行カードローンの2つがあります。大手の消費者金融は審査通過率が比較的高く銀行カードローンは消費者金融と比較すると低めになっています。

 

消費者金融の審査通過率

プロミス


出典:プロミス 月次データ(2015年4月~6月)

 

おおよそ42%~43%程度です。消費者金融の中では高めな数字です。

 

アコム


出典:アコム株式会社 データブック

 

おおよそ47%~48%程度です。新規契約者の貸出金額は約14万円ということもわかります。

 

アイフル(消費者金融):43%~47%程度

 

 

審査の通過率を考慮して、消費者金融をメインに申込みするのをおすすめします。

 

在籍確認

キャッシングするときには在籍確認が行われます。基本的に電話で確認が入ります。この時、相手にカードローン会社から連絡がきたとばれない様にカードローン会社名ではなく、個人名で連絡が入ります。

 

職場に連連絡がきますが、派遣社員の人の場合は派遣先ではなく、派遣元(派遣会社)に連絡がきます。この在籍確認は申込時の勤務先電話番号をもとに連絡しているので、誤って派遣先の電話番号を書かないように注意しましょう。