キャッシングはやめたほうがいい?

「キャッシングはやばい」、「キャッシングはよくない」、「キャッシングはやめたほうがいい」と考えているかもしれません。ヤミ金はもちろんやばいですが、正規の金融屋さん(消費者金融、銀行カードローン)はやばくありません。当たり前ですが。

 

お金が必要ならば借りなければいけない

やばい?と不安に思っていても必要ならばどこかでお金を工面しなければいけません。工面する方法は親、兄弟、親戚、友人、恋人に借りるなどがありますが、金銭の貸し借りは人間関係の破綻のもとになりえるのでおすすめできません。

 

会社に前借を願い出るという方法もありますが、会社から「こいつやばくね?」と思われかねません。同僚から借りるのも噂が立って、これまた「あいつやばくね?」と思われるかもしれません。

 

2015年のドラマで流星ワゴンというのがありましたが、主人公が同僚などに必死にお金を借りようと頼み込むシーンがありました。お金に困っているらしいという噂が流れて評判を下げていました。

 

あくまでドラマの中でのお話ですが、現実に置き換えてもこれは十分にあありえる話だと思います。

 

お金に困っている人が近くにいると「お金貸して」といわれ面倒くさい思いをするかもしれないので距離を置かれます。長々と書きましたが、身の回りの人からお金を借りるということはあまりおすすめできません。

 

キャッシングは気を使わなくて済む
カードローン会社は商売としてやっているので審査に通る人にはお金を貸したいです。ここが大きな違いです。気を使うどころかむしろお客さんです。

 

金利は多少高いですが、短期間で返済すればそう多額の利息にはなりません。法律が改正され、29.2%(出資法金利上限)だった上限金利が20%まで下がりました。

 

20%と聞くと高いと思うかもしれませんが、年利なので1カ月2ヶ月で返済してしまえば実質2%~4%程度です。最短で即日借入ができて使い勝手が良い金融屋なので多少金利が高いのはしょうがないです。

 

必要ならば利用して、さっさと返済すれば良いです。返済は基本的にリボ払い方式ですが、前倒し一括返済も可能なので、早めの一括返済を目指しましょう。